今月のお知らせ

2月 Fevrier (2020)

Février (2020)

Le soleil vient caresser nos fenêtres
      un peu plus tôt le matin
il nous quitte le soir, un peu plus tard
      nos jours s'allongent
J'ai vu pointer les premiers perce-neige
   la brume annonce le printemps.

La Vierge Marie ouvre pour nous ce mois :
Elle va, heureuse, avec Joseph,
     présenter au Temple son Petit Enfant
Celui qui sauvera le monde.
Nous la fêtons le 2 Février.
Et le mercredi 26 Février,
     "le Mercredi des Cendres"
Nous prenons le départ de notre marche
     vers Pâques,
accompagnant nos catéchumènes
     vers le baptême.
Gloire à Dieu, Gloire à Dieu !
Marchons dans la confiance
     car Il est avec nous
"Chaque jour, jusqu'à la fin des temps"
   comme Il nous l'a promis !
                     (Mt. 28:20)

(Sœur Marie- Hélène)

二月( 2020年)

太陽は朝、今までより少し早く
   我々の窓に来てその光をそそぐ
そして夜、少し遅く去っていく
   日は長くなる
私は最初の待雪草の芽生えを見た
   靄が春を知らせている

処女マリアが我々のためにこの月を開いてくれる:
彼女は幸せに聖ヨセフと共に
   その幼子を神殿に奉献しに行く
世を救うであろう子供を
我々はそれを2月2日に祝う
そして2月26日水曜日は
    "灰の水曜日"でこの日から
復活祭に向かって
    歩み始める
洗礼志願者と共に
    復活祭に向かって
神に栄光、神に栄光!
信頼を持って歩もう
    神は共にいて下さるのだから
"世の終わりまで、いつもあなた方と共にいる"
    と約束されたように!
         (マタイによる福音書.28:20)

      (シスター マリー・エレーヌ)

 

復活祭までの日程 Calendrier jusqu'à Pâques

今年も受難の主日と過越の聖なる三日間
(主の晩餐の夕べのミサ、主の受難の祭儀、復活徹夜祭、復活の主日)をセンターで祝います。
Cette année aussi, le Dimanche des rameaux et le Triduum pascal (le jeudi saint, le vendredi saint, la Vigile pascale et le Dimanche de Pâques) seront célébrés au Centre.

【大斎】 1日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、満18歳以上満60歳未満の信者が守ります。 【小斎】 肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって代えることができ、満14歳以上の信者が守ります。(大斎も小斎も、病気や妊娠などの理由がある人は免除されます)

 

 

 

 

パリ日本人カトリックセンター主催 東日本大震災被災者支援チャリティーコンサート
Centre Catholique Japonais organise son concert de charité annuel

2011年3月11日の大震災から今年は9周年となります。センターは東日本の被災者を支援するために、パリミッションの聖堂にて、3月14日(土)にチャリティーコンサートを主催します。
ご寄付はカリタス・ジャパンを通して、被災者に贈られます。
パリ外国宣教会に感謝いたします。そして演奏家の皆様、上薗綾奈様、Niels Walbrou様、石川紗穂利様の寛大なるご協力に感謝いたします。
20年間以上、私たちはAtelier SKHの木下進一様から無償でピアノの提供を受けてきました。個人的な理由により、私たちは今年から木下様のご奉仕を受けることが出来なくなります。長い間、寛大なご奉仕をして下さった木下様に心から感謝をいたします。
従いまして、ピアノのレンタル料として、およそ400€ほど支出が増えることになります。皆様の寛大なるご協力をよろしくお願い申し上げます。(湯沢慎太郎)


Pour faire mémoire du 9ème anniversaire de la catastrophe du 11 mars 2011, nous organisons le samedi 14 mars un concert de charité à la Chapelle des Missions Étrangères de Paris.
Les dons seront envoyés aux sinistrés de l’Est du Japon via Caritas Japan.
Nous remercions les Missions Étrangères de Paris, et les musiciens : Mlle Ayana Kamizono (violon), M. Niels Walbrou, et Mlle Saori Ishikawa pour leurs collaborations.

Depuis plus de 20 ans, M. Shinichi Kinoshita de l’Atelier SKH nous avait prêté gracieusement un piano. Mais pour des raisons personnelles, il ne pourra pas plus le faire à partir de cette année.
Nous le remercions sincèrement de sa générosité durant ces années.
Nous devons prévoir 400 euros de plus pour la location de piano à partir de cette année.
Il nous faut compter sur votre générosité pour faire face à ce frais supplémentaire et pouvoir continuer à organiser notre concert de charité. (Shintaro YUZAWA)

 


パリ・ノートルダム大聖堂火災についてオプティ大司教のメッセージ  Message de l’Archevêque Michel Aupetit au sujet de l’incendie de la Cathédrale Notre-Dame de Paris


「「慰めよ、慰めよ、わたしの民を」と、あなたたちの神は仰せになる」(イザヤ書 40,1)この預言者イザヤの言葉は、 私たちの心を復活の喜びに向けて準備しつつ、私たちが主イエス・キリストの受難と死を同伴するこの聖週間において、強く響きます。 ノートルダム、私たちの大切なカテドラル、私たちの国の重要な出来事の証し人は、長く歴史の波乱に耐えた後、恐ろしい火災によって破壊されました。 [...] 私たちが強く感じるのは、次のことです。私たちが再建すべきは、カテドラルだけではなく、私たちの教会もです。その顔は深く傷ついています。 [...]親愛なる兄弟姉妹、この劇的事件によって、私たちの公共建物の正面に掲げられている「兄弟愛(博愛)」を共に作り上げるための幸いなる一致を 私たちの国が再発見できますように。私たちは「兄弟愛」の源泉は、あらゆる愛の源泉である神の父性から来ていることを信じています。」

« « Consolez, consolez mon peuple, dit votre Dieu » (Is 40,1). Ces paroles du prophète Isaïe raisonnent fortement en cette Semaine Sainte où nous accompagnons la Passion et la mort de notre Seigneur Jésus-Christ en préparant nos cœurs à la joie de sa Résurrection. Notre-Dame, notre chère cathédrale, témoin de tant d’événements majeurs de notre pays, a été détruite par un incendie effrayant après avoir résisté si longtemps aux péripéties de son histoire. [...] Nous sentons bien que nous n’aurons pas seulement à rebâtir notre cathédrale mais à reconstruire aussi notre Église dont le visage est si blessé. [...] Chers frères et sœurs, chers amis, que ce drame permette à notre pays de retrouver une unité heureuse pour que nous puissions construire ensemble ce qui est écrit au fronton de nos édifices publics : la fraternité. Nous croyons qu’elle trouve son origine dans la paternité de Dieu source de tout amour . »

 


平和を実現する人は幸い ~ 戦後70年司教団メッセージ (抜粋)
Heureux ceux qui réalisent la Paix
– Message de la conférence épiscopale japonaise pour le 70ème anniversaire de la fin de la guerre (extrait) -
 日本カトリック司教団は、特別に平和のために働く使命を自覚しています。それは何らかの政治的イデオロギーに基づく姿勢ではありません。わたしたちは政治の問題としてではなく、人間の問題として、平和を訴え続けます。この使命の自覚は、もちろん日本が広島、長崎で核兵器の惨禍を経験したことにもよりますが、それだけではなく戦前・戦中に日本の教会がとった姿勢に対する深い反省から生まれてきたものでもあります。
1986年9月26日、東京で開催されたアジア司教協議会連盟総会のミサにおいて、白柳誠一東京大司教(当時)は次のように述べました。
「わたしたち日本の司教は、日本人としても、日本の教会の一員としても、日本が第二次世界大戦中にもたらした悲劇について、神とアジア・太平洋地域の兄弟たちにゆるしを願うものであります。わたしたちは、この戦争に関わったものとして、アジア・太平洋地域の2千万を越える人々の死に責任をもっています。さらに、この地域の人々の生活や文化などの上に今も痛々しい傷を残していることについて深く反省します」。
 これは一個人としてのことばではなく、司教協議会会長として司教団の総意を代表して述べたことばでした。さらに日本司教団は戦後50年と60年にあたっての平和メッセージの中で、戦前・戦中の教会の戦争責任を反省し、その上に立って平和への決意を表明しています。
                                              2015年2月25日 日本カトリック司教団


 

 

東日本大震災被災者のための祈りⅡ

父である神よ、
すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼をこめて祈ります。
東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを、
わたしたちがあかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

(2014年2月18日 日本カトリック司教協議会認可)

 

今年の夏を中心に数々の災害を経験した日本の皆様のためにお祈りいたします。とくに今夏、大阪の北部での地震とその後西日本を襲った集中豪雨と台風において亡くなられた方々および被災された方々のために祈ります。また先月に起きた北海道東部地震において亡くなられた方々、被災された方々のために祈ります。まだ避難生活を送られている方々のために一にも早い復興を心から祈念しております。2018年9月27日 (Sh.Y.)
Je prie pour les personnes qui ont vécu des nombreux cataclysmes au Japon cet été. Particulièrement je prie pour les victimes et les sinistrés du séisme qui a frappé le Nord de Ôsaka, et des pluies torrentielles et des typhons qui ont dévasté l’Ouest du Japon. Et je prie également pour les victimes et les sinistrés du violent séisme qui a frappé Hokkaïdo. Du fond du cœur, je prie pour que les sinistrés puissent retrouver au plus vite leur vie normale. Le 27 septembre 2018 (Sh. Y.)

 

 


 

連絡先 CONTACT

住所
4, Bld Edgar Quinet 75014 PARIS
FRANCE
E-mail
tomoni.paris.catholique@
gmail.com
お問合わせフォーム
Tel
(フランス33+)
09 53 86 74 29
開館日・受付時間
月木土:15:00~19:00
金のみ:16:00~19:00
メトロ
Raspail (4,6番線)徒歩1分
Edgar Quinet (6番線)5分
Montparnasse-Bienvenüe
(4,6,12,13番線)徒歩8分
アクセスマップはこちら
.................................
 
© 2000-2012 CCJP - Centre Catholique des Japonais de Paris. All rights reserved.
TOPページ Acceuil | パリカトリックセンターの紹介 Qui sommes-nous?| 今月のお知らせ Infos|今月の活動表 Activité mensuel予定表カレンダー Calender | 活動紹介 Activités |教会の生活 | フォトギャラリー PhotoGallery | 広報誌ともに News Letter |チャリティー活動 Charités| ミサ La messe | キリスト教基礎知識 Lectures | 特選リンク集 lines Utiles | アクセス Access | お問い合わせ Contact